ブラックジャック

ブラックジャックをマスターする方法

ブラックジャックは楽しいゲームです。それと同時に、能力によって勝率を優位にすることができる専門知識ベースゲームでもあります。手札を21にできるだけ近づけようとする過程において、ディーラーを倒すために有効な方法がいくつかあります。正しい選択をして次の手を決めるのには、可能な限り最良のやり方を身に付けて、それに従うことが不可欠です。ブラックジャック習得には多くの時間がかかることを考慮し、特に役立つ重要なものだけを集めて紹介していきます。 ゲームの基本と用語をマスターする 基本と用語を学ぶことが、ブラックジャック学習の最初のステップとなります。手札の合計を把握するためには、まずカードの価値を学びましょう。2から10までは、そのままの数でカウントし、フェイスカード(絵札)はすべて10としてカウントします。エースは、1または11とします。ゲームのバリエーションに応じて、1〜8組のカードデッキを使用します。オンライン ブラックジャックでは、基本的に6組または8組のデッキでプレイされます。プレイしているデッキが多ければ多いほど、勝つ可能性は低くなります。 参加者の全員が、掛け金を置き終えると、ディーラーは、全員のプレイヤーおよびディーラー自身に、2枚ずつカードを配ります。ディーラーの2枚のうち1枚のカードは表向きに置かれます。ゲームの名前でもある「ブラックジャック」のハンドは、エース1枚と10としてカウントされるカード1枚から構成されます。プレイヤーまたはディーラーが最初から合計21の手札を持っていた場合、その人の勝利でラウンドは終了します。そうでなければ、ゲームはここから、ますます面白くなります。以下、考えられるシナリオを見て行きましょう。  ヒット:次のカードを要求します。 スタンド:カードを追加せず、プレイを続行する。 ダブルダウン:賭け金を2倍にして追加のカードを取得し、そこでターンを終了する。 スプリット:同等の価値のカードを2手に分割して、プレーを続行する。 ギブアップ:賭け金の半分を差し出して、降参する。 プロテクション:ディーラーの表を向いた札がエースの場合、賭け金の半分で保険をかける。 ディーラーは、手札の合計が16以下の場合、ヒットしなければなりません。17以上の場合はスタンドします。ディーラーの手札が21を超えた時点で、負け(バースト)となります。これはプレイヤーも同様です。プレイヤーの手札の合計が21の時、ディーラーの表向きのカードがエースである場合を除いて、プレイヤーの勝利となります。ディーラーは後続のカードで21になるかどうかを確認します。ディーラーとプレイヤー、どちらも合計が21となった場合は、プッシュ(引き分け)と呼ばれ、賭け金は払い戻しとなります。 ブラックジャックのバリエーションを学んでルールを研究する ブラックジャックは、広く普及した結果、数々のバリエーションが生まれました。それぞれのバリエーションには独特の基準と手順が定められています。例えば、ブラックジャックスイッチはツーハンドゲームで、プレイヤー間でメインの2枚のカードを交換できますが、合計が21の場合は3:2ではなく1:1で支払われます。ダブル エクスポージャー ブラックジャックでは、ディーラーもプレイヤーと同様に最初の2枚のカードが表向きに置かれます。「ブラックジャック」となった場合、現金を手にすることができます。アメリカで開催されるバージ(Barge)では、1つのデッキでプレイされます。